会員専用ページ

パスワード

カテゴリー

月ごとの記事

最近の記事

最近のコメント

その他お知らせの記事一覧です。

1 2 3

        10月のたねまく広場イベント案内です



予約・お問い合わは、下記アスチカ事務局までご連絡ください


     「ルナさんの占い」

17日(水) 13:30~15:30

生年月日、姓名をもとに数秘術、九星気学などの15種類の占いのエッセンスを統合した画期的な占い『心呼吸』してみましょう!


占い師: ルナ

参加費: ¥1000(ドリンク付き) 【予約優先】



      神石高原野菜の販売 

19日(金)10:30~ 売り切れ次第終了

神石高原から直送の新鮮野菜や物産販売です。

何か届くかは当日のお楽しみ♪

※天候によって販売が中止となることもありますのでお問い合わせください。


       灸治療 

26日(金) 10:15~13:15

10年のキャリアを持つ鍼灸師による鍼灸治療。鍼の入門版としてや相談に応じて施術をしてくださいます。お気軽にご利用ください。

施術料: 1コマ施術30分 ¥1500(ドリンク付き)/ 美容鍼 ¥2000(ドリンク付き)

施 術: 山村政子(山村鍼灸治療院)



       cooking studio Reve 理教室

29日(月) 10:30~ (2時間程度)

今回のお料理は『ポークステーキ ~ 万能オニオンソース』

『ポークステーキ ~ 万能オニオンソース』をメインとして、

お鍋で炊くご飯などと共にワンプレートレッスンをします。

デザート付のお得なレッスンです。


講 師: cooking studio Reve主宰 宮川亜由美さん

料 金: ¥2000(ドリンク・ランチ代込み)

持ち物: エプロン・ハンドタオル・筆記用具

※開催日2日前以降のキャンセルは全額ご負担をいただきますのでご了承ください。


予約お問い合わせは、アスチカ事務局まで

TEL 082-962-8124

FAX 082-962-8125

mail  hiroshima.hinan@gmail.com

皆さまのご厚意による支援物資をご提供しました。



9月24日(月・祝日)

広島市安芸区の「落合・塚地ふれあいサロンの会」に、アスチカに届いた物資を持って参加してきました。



物資は大変喜んでくださり、全て持ち帰られました。



「落合・塚地ふれあいサロンの会」は、男性の方々が主体となり会を運営されており、次回の集まりの計画を立ててから解散するなど本当に素晴らしいと思いました。



福祉センターの方のお話、また広島市安芸区災害ボランティアセンターからも顔なじみの社協職員さんが来ていたりして、アスチカに届いた物資をまた違うサロンでも必要だということも話せました。



またお届けしようと思います。


ご支援されたみなさまへ  あらためてご支援にお礼申しあげます。


(画像の掲載については了承いただいています。)


みなさま こんにちは。



アスチカでは、西日本豪雨災害の小口支援物資の受け入れ窓口をしており



全国よりあたたかいご支援が届いています。



そしてご提供いただいた物資を必要のある方へ届けるために


仕分け作業をしています。




ご支援の輪がつながりますように


先にご案内しましたとおり、アスチカでは西日本豪雨被災者向けの小口支援物資の窓口となり、被災者の方への支援を進めております。


みなさまのご厚意、このとおり届いております。




北海道 M様、 千葉県 K様、 神奈川県 K様、 岐阜県 F様、 京都府 K様、 山口県 H様


この様に、県外からも心温まる物資のご提供を頂戴しました。


心より感謝申し上げます。

アスチカは「西日本豪雨災害 小口支援物資受付窓口」 となります。


この度の豪雨災害において、微力ながらお手伝いをしたく、アスチカで出来る支援の形を考えました。


アスチカでは、なかなか行政では受け付けられていない個人の小口の支援物資を受け付けます。

皆さまから寄せていただいた物資は、こちらで仕分けをし、社会福祉協議会や災害ボランティアセンターを通して、被災地の必要とされるところへお届けしていきます。

 

被災されていてもご自宅で過ごされている方もおり、物資が行き届いてないところも多々あります。

また、病気やアレルギーなどで、制限されたものしか食べられない方もいらっしゃいます。(アレルギー対応食品歓迎!)

そのような、きめ細やかな対応が必要とされるところで活用されることになる予定です。

 

「物資を送りたいけどどうしたら、いいの?」と、思っている皆さま、アスチカの「西日本豪雨災害 小口支援物資受付窓口」をご利用ください。

 

少しでも皆さまの善意を被災者の方にお届けしていこうと思います。

 

 ♦被災された方に皆さまの善意がよりよく届くよう、少しお約束事を決めさせていただきした。 

・生鮮食品は避けてください。

・衣類は新品、もしくは新品同等のものでお願いします。(下着は新品のみ)

・電化製品、生活用品などは必ずしも新品である必要はありませんが、「まだ使えるもの」ではなく「これなら使いたい」と思えるかを基準に判断をお願いします。

・タオル類は使い古しもOK

 

※送る内容に迷われたときは、アスチカ事務局までお問い合わせください。

 

◆受付方法

 

直接持ち込んでいただくか、宅配便で送ってください

 

【送り先】 〒733-0003 広島市西区三篠町2-15-5  

       ひろしま避難者の会「アスチカ」 
       西日本豪雨災害 小口支援物資受付窓口

      TEL 082-962-8124

 

【受付日時】 月・火・水・金 10:00~16:00

*なお、8/11(土)~8/17(金)まではお盆やすみを頂戴します。

その期間の受付はできませんので発送時期の調整をお願いします。

どうぞよろしくお願いいたします。

西日本豪雨 2018.07.09

こんにちは。

数10年に一度という大雨に広島も見舞われました。
全国でも九州から中部地方まで、甚大な被害が出ています。
広島でもいくつもの市町で被害が出ています。

アスチカの事務局を置く広島市も東部の地区に大きな被害が出ています。

スタッフ含め、アスチカ会員も身の危険を感じ、避難所に行った者もおりました。

今日、広島は本当に久しぶりの青空が見えています。

これから、被害のあった地域では片付け、復旧作業が始まります。
息の長い支援が必要になることと思います。


被災から生活再建の参考資料をご紹介します。

「水害にあったときに」~浸水被害からの生活再建の手引き

http://blog.canpan.info/shintsuna/archive/1420

ご活用いただければと思います。

こんにちは。

間もなく3月11日ですね。


アスチカでは毎年この時期に、会員へアンケートを取り、会員の声の把握をしてきました。

今年もそのアンケート結果をまとめ、HPに掲載しましたので、お知らせします。


第4回会員アンケートの結果 

   ⇒ http://hiroshimahinanshanokai-asuchika.com/questionnaire


2011年3月11日からもうすぐ丸6年。

1よりも10に近い6という数字に


そんなに経ったんだ…


とちょっとびっくりしたような気持ちにもなります。

でも、震災当時小学6年生だった子が高校を卒業したという話を聞くと、


本当に6年経ったんだなぁ…


と改めて思ったり。。。


今年も、3.11にまつわる報道が増えてきました。

今年もこのアンケート結果が、広島にいる避難者への理解の一助となりますように。


みなさん こんにちは。


今年も残りわずかになりました。


今年の広島は広島東洋カープのリーグ優勝、日本シリーズ進出で大盛り上がりの1年でしたね。

私たちも広島に住む一員として、広島が盛り上がった1年を一緒に楽しく過ごすことができました。

そして、私たちは広島の方をはじめ、さまざまな方から応援していただき、支えていただいき、

今年も1年避難者支援の活動に取り組むことができました。

ありがとうございました。


なかなかお返しをすることはできませんが、

アスチカ会員をはじめ、避難者へのサポート1つ1つに取り組んでいくことが、

ご支援に応えることと思いながら活動しています。

 

さて、アスチカ事務局、コミュニティースペース「たねまく広場」は年末年始のお休みをいただきます。


年末年始休業  12月29日(木)~1月5日(木)


年始は1月6日(金)午前10時よりオープンいたします。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

こんにちは。

アスチカ事務局です。


熊本や大分を中心に大きな地震が起きました。

この度の地震によりお亡くりになられた方々のお冥福をお祈りするとともに、被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。


広島県や広島市でもこの度の地震で被災された方への公営住宅無償提供がされることが発表されました。

必要とされている方へ情報が届くよう、こちらで情報共有いたします。


【広島県】

<平成28年(2016年)熊本地震の被災者に対する県営住宅の無償提供について>

(掲載日:2016年4月20日更新)

1 要旨
平成28年(2016年)熊本地震の被災者に対して,県営住宅を避難用住居として無償提供する。

2 対象者
被災した熊本県又は大分県の居住者で,当面居住が困難な者

3 提供住宅 
(1)提供する県営住宅 58戸(4月20日午後5時現在)
戸数

(2)提供する期間
 当面の間とする。(被災者の被災状況等を勘案し,正式な提供期間は別途決定)

(3)使用料等
 無償とする。

(4)備品等
 浴槽,ボイラー,照明器具及びガスコンロは,県負担により設置する。

4 問い合わせ先
 広島県土木建築局住宅課住宅管理グループ
 電話番号 082-513-4171
 受付時間 8時30分から17時15分まで(閉庁日を除く)

http://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/108/h28kumamoto.html


【広島市】

<熊本地震の被災者に対する市営住宅の無償提供について>

 

  平成28年(2016年)熊本地震の被災者に対して、市営住宅を仮住宅として無償提供します。

 

1 対象者

   平成28年(2016年)熊本地震により家屋が全壊又は半壊などで当面居住が困難な方(り災証明の交付を受けている方、または、今後交付が見込まれる方)

 

2 提供住宅等

 (1) 提供する市営住宅(13戸)

    提供可能な住宅の一覧表は、広島市HPからダウンロード可。

(平成28年4月18日現在)

地区 中区 東区 南区 西区 安佐南区 安佐北区 佐伯区
戸数

   2人以上の親族で申込みができる「家族向け」の住宅が8戸
   小家族(2人又は3人の家族)又は単身者の方が申込みできる「小家族及び単身者向け」の住宅が5戸

  ※ 提供住宅は、状況に応じて追加します。

 

 (2) 提供する期間

    当面6か月間とします。 

 

 (3) 使用料

    無償とします。

 

4 提出していただく書類(後日提出可)

  (1) り災証明書  (被災した家屋の状況の記載があるもの)

  (2) 住民票の写し (被災した住宅に居住されていた全員のもの)

    

5 受付場所等

 (1) 受付場所

    広島市役所本庁舎5階 住宅政策課

   

 (2) 受付期間

    平成28年4月19日(火)から当面の間

    午前9時から午後5時まで(閉庁日を除きます。) 

 

6 問合せ先


  広島市役所 住宅支援課 

  TEL 082-504-2293

  広島市中区国泰寺1丁目6番34号


http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1460955580115/index.html


まだまだ大きな余震も続く中、不安を抱えて過ごされ、お疲れもたまってきていることと私たちも心配しております。

そのような中、身を守るため、心身の健康を保つためにも、一時的なものも含め、被災地を離れるということが一つの選択肢として提案がされはじめ、すでに広島に身を寄せられている方がいらっしゃることも耳にしました。

さらに、これから広島に来られる方もいらっしゃるでしょう。

そのような方たちに、私たちのこれまでの経験やこれまで培ってきた広島でのつながりがお役に立つことがあるのではないかと思っています。


九州から広島に避難され、心配事やお困りのことがありましたら、

身近に避難された方がいて、困っている様子など気付かれましたら、

相談先の一つに私たちを利用していただければと思います。


また、自分たちを振り返ると、「困りごとがあれば…」と言われても、自分が何に困っているのかもわからない、何を相談すればいいのかわからないというのが避難したばかりの実情ではないかと想像します。

ソワソワと落ち着かない気持ちをどうしようかと思っているのではないかと思います。

そんな時はただただ「話をする」ことも必要ではないでしょうか。

そんな時こそ、私たちがお役に立つのかもしれません。

話をすることで気持ちが少し落ち着くこともあるでしょうし、雑談の中から解決策がポッと見つかったりすることもあるかもしれません。

私たちは広島市西区三篠町に事務所を置き、コミュニティースペース「たねまく広場」も開いており、どなたでもお立ち寄りいただけます。

どうぞお気軽にお声掛けください。

地震のあった現地に行って何かが出来る私たちではありませんが、せめて広島に来られる被災された方のお役にたてればと思います。


ひろしま避難者の会「アスチカ」<熊本地震相談窓口>

TEL 082-962-8124  FAX 082-962-8125

〒733-0003 広島市西区三篠町2丁目15-5

オープン:月・火・水・金 10:00~16:00

      第2・4土曜日 12:00~15:00

(↑「たねまく広場」も同じ住所・同じオープン時間です。)

email hiroshima.hinan@gmail.com (随時)

こんにちは。

春先特有の寒暖の差に体調崩されたりしていませんか?

本当に久しぶりの更新になってしまいました。ゴメンナサイ。


さて、もうすぐ3月11日です。

メディアではそれに関わるテーマがたくさん見られるようになりました。

毎年この時期にアスチカが行っている会員アンケート、今年も結果を公表いたします。


震災当時小学校4年生だった子が高校受験を済ませました。

震災当時1歳だった子がもうすぐ小学校1年生です。

5年という月日は、やはり確実に過ぎていたんだと子どもの成長で実感しています。

そして、その5年の月日が経っていることが、このアンケート結果でも感じられるように思います。


広島に避難者がいることを理解していただく一助となることを願います。


第3回会員アンケート結果 ⇒ http://hiroshimahinanshanokai-asuchika.com/questionnaire



1 2 3
ひろしま避難者の会 アスチカ
メール:hiroshima.hinan@gmail.com
TEL:082-962-8124